今回の地震に関し、アメリカ、ドイツ、イタリアなど各国のメディアからコメントを求められました。

以下にその原文と英訳を掲載いたします。

 

 

 

2011316

 

東日本大震災に対するよしもとばななの各国プレス向けコメント

 

私は子どもを学校に迎えにいく車の中で地震にあいました。
夫が運転していたのですが、あまりの揺れにハンドルをとられて、車を停めざるをえませんでした。
遠くのビルが大きく揺れているのをみて「これはたいへんなことだ」と思いました。幸い子どもは学校で保護されていて、自宅に帰りました。
額縁のガラスが少し割れたくらいで、あとは本が本棚から出たくらいで、おおむねぶじでした。
近所のおじさんがすぐに家と事務所にかけつけてくれて、いろいろ手伝ってくれたり、電車が止まって帰れなくなった人たちを家に一時的に保護したりして過ごしました。
携帯電話は役にたたず、ツイッターとViberが最も有効な情報源でした。
余震は続いていましたが、東京にはたいした被害はなかったのです。
今困っているのは、人々の心が乱れて買い占めがはじまり、米や缶詰やトイレットペーパーが売り切れていることです。
あとガソリンの供給が制限されていて、移動がたいへんです。
それから、TVでくりかえし津波の悲惨な映像を流しすぎるので、その影響は深刻だと思います。
しかし、いくつかの局がそのことに気づき、普通の番組と情報テロップのみになって、ほっとしました。
それを最初に行ったTV東京の勇気にも感動しました。
原子力発電所に関しては、あまりにも様々な意見が飛び交いすぎてまだ整理がついていませんが、ここではあえてその是非を問うのではなく、爆発を防ぐために知恵をしぼっている日本の技術者たちのレベルの高さに感心しているということだけ、述べておきます。

亡くなった大勢の人のことを思うと胸が痛みますが、自衛隊は信じられないくらいの救助活動をしていますし、生き残った人々はおおむねしっかり助け合っています。
日本人のよいところを発見できない日はありません。
作家はどんな状況でも希望を提示するのが仕事だと信じています。
これからどんな状況になっても、笑いを忘れず、心の自由を失わず、勇気を持って対処していきたいと思っています。

よしもとばなな

 
 
 
 
--------------------------------------------------------

Comment from Banana Yoshimoto,
written on 5 days later after the day of the earthquake in Japan 
March, 2011 
 
At the time of the earthquake, I was on the way to pick up my son at the school. 
My husband was driving my car at that moment, but due to the strong earth tremor, he had no other choice to stop the car on one side of the road. 
Through the car's window, I saw huge buildings swaying far in the distance, and I thought " It's going to be a big trouble ".  Fortunately, my son was safe and sound at the school, and we came back home safely with him. 
There was some damage like picture frame's broken glass, and some books jumped out of the bookshelf, but fortunately there wasn't any other serious damage at home. 
My friend in the neighborhood came to my house and my office immediately and kindly helped us. I took care of the people who couldn't go back to their homes because of the disrupted public transportation. 
Mobile phones did not work at all, so Twitter and Viber were the most useful functions to get information. We were feeling some aftershocks but there was no serious damage in Tokyo. 
Now, what is worrisome is the fact that people are cluttered with the disaster, and they started buying materials and products related to daily life in an excessive way.  Rice, canned food and toilet tissue are out of stock everywhere. And also it is not easy moving by car because of the gasoline supply's limitation.  
We saw on TV so much tragic images of the Tsunami, that has a serious influence on people's mind. However, some broadcasting media realized it, and they are changing their TV programs to regular ones with information telops.
I was deeply impressed by such a courageous decision of Television Tokyo Channel 12, who did this change firstly. 
About the Fukushima nuclear plant's problem, I still cannot get my idea about it due to the many opinions commented around that. However, I just want to say that I am impressed by the high level of the Japanese engineers who are making the best effort to try to prevent the explosion accident, instead of talking now about what is right or wrong. 
My heart almost bursts with the death of a great number of people in this disaster, but on the other hand the Self-Defense Forces are devoting themselves to the rescue working, and most of the survivors are helping each other steadily. 
There is not a single day that I don't discover how great the Japanese people are.
I believe that a writer shall bring a sense of hope to everyone no matter what the situation is.
Under any circumstances, I don't want to stop smiling, not losing freedom of mind, and I want to face any difficulties courageously.  

Banana Yoshimoto